個人・法人の
『実践ライフデザイン入門講座』のご案内
―日本の財政破綻・カントリーリスクから家族と社員を守るための海外分散の仕方―
 

戦後最大の災害となった東日本大震災。原子力発電所の事故という巨大な危機。
日本は戦後経験のない復興を余儀なくされました。
そして今回の大災害で日本のGDP(国内総生産)は500兆円から、今の試算でマイナス12%、440兆円まで下がると言われています。
また、復興支援金は10兆円を超えますが、日本の財政は借金が国と地方で1100兆円を超え、今年23年も一般会計予算93兆円の内45兆円にのぼる国債(借金)で賄わざる負えない状態です。
このような状況でも夢や希望を持ち、私たちは力強く生きていかなければなりません。
その為には、今からできる将来に対する備え・すなわち「経済面」の基盤を作らなければなりません。
このセミナーでは、誰にでも出来る個人と会社の経済設計をするための現・預金、不動産、株式の「三分法」による海外分散投資の仕方をご紹介します。

イザという時の備えにこの機会にご参加ください。

 

 
 
 
 
 
     
 

【内容】
■東京■
◇開催日:5月23日(月)
◇時  間:18:30-20:50
◇会  場:中統奨学館ビル1階  名古屋市中区栄4-16-29  TEL: 052-242-0979
 

■参加費用:お一人 5,000円

【講座内容】

1、日本の財政状況を正しく理解する
@大災害が日本財政に与える影響と破綻リスク
Aロシア、韓国、北朝鮮の破綻やデフレから学ぶ回避法
Bもし日本が破綻した時の対処法

2、財産の「三分法」による海外分散投資で身を守る
@日本の金融常識は、世界では非常識
A海外の金融商品を正しく知ることが第1歩
B財産の「三分法」でリスク分散

3、豊かさとは何かを考える
@豊かさ「6分野」とは
A「経済面」の呪縛からの解放
B幸せの回し向けのための活動「○の会」とは

 
     
 
 
     
  〜参加者アンケートより〜  
 

経営者を始め、会社役員、公認会計士、税理士、医師の方々を中心に、お客様からのご紹介だけで延べ3,300名以上の方々が参加されました。その参加者の声を一部紹介します。

 
 

■日本にいて何もしないことのリスクを知りました。これからはグローバルな視点で考えなくてはならないと感じます。
  何も日本だけで物事を考える必要がない。             (岡山県 医師 K様)

■以前から漠然とは分かっていましたが、日本の財政状況の厳しさを改めて知り、海外での資産形成 等について
  大変勉強になりました。                    (東京都 公認会計士 R様)

  →日本の財政の現状や海外での資産形成の仕方がわかるようになります!

■人生が変わる程の衝撃でした。知らなかった世界を教えていただきました。大変有益な時間を過ごせました。
  紹介者に感謝。                         (東京都 飲食店経営 K様)

   →日本では知られていない海外の情報が学べます!

■将来に対して、夢が持てました。今日聞いたことを実践していきたいと思います。    (千葉県 上場企業勤務 N様)

   →将来の夢や目標に向かっての資産形成の始め方がわかります! 

■この情報を自分の周りの人たちにも教えてあげたい。                (福岡県 内装業 会社経営 K様)
■個人でも、会社でも早速取り組んでいきたいと思う。 具体的に相談したい   (神奈川県 飲食店経営 Y様)

   →資産の形成・保全に関して、今後の考え方が変わります!

 
 
 
     
 
 
Copyright(C)2011 J-minds.,co.ltd, ALL Rights Reserved.