感動経営研修in松本 第2弾
「社員力を経営力に」松本感動旅館&松本市政から学ぶ感動経営の真髄

ニュースで、内閣府が発表した街角の景況感を示すポイントが、定額給付金の支給、エコカー、
エコポイント付家電販売の影響で、5ヶ月連続回復基調にあるとされていましたが、企業物価指数(企業間で取引する国内向け商品価格指数)は下げる一方で、物は売れないかつ商品価格は下がるばかりと益々厳しい局面を迎えています。
不況は、景気変動の1つに過ぎません。
物事は、良い時もあれば悪い時もあります。照る日もあれば曇る日もあります。
それを目先の危機状況に目を奪われて何も革新しないことの方が罪と言えるでしょう。
確かに今までと同じやり方では、業績は期待できないでしょう。
「今こそ、明るくイノベーション(革新)」をして、トップ(経営者)の革新とリーダーの覚醒を図る
必要があります。
トップは、自ら「仕事」から「志事」へ「やるしかない」という熱意で経営に取り組む姿勢が求められています。
まさしく「拝金主義」から人財という「人本主義」に転化することです。
今回は、旅館業からサービス業に革新をされて成功をおさめた松本奥座敷扉温泉「明神館」が舞台です。
感動経営研修 第1弾の4月にご講話頂き、好評を博した菅谷市長に再度講話を頂きます。
チェルノブイリ原発事故におけるベラルーシの絶望の状況下の中で、必死に医療に立ち向かった
「使命感・人生観」について熱く語って頂き、それを市政にどう活かしてしるかを体感していただきます。
また、学びのポイントの自社への置き換え研修も実施し、翌日からの日常業務で実践できるカリキュラムも
構築していただけます

お申込み・詳細は → http://www.j-minds.com/news%20release/090909matsumoto/index.html
【感動経営研修in松本 第1弾の様子は】
→ http://www.j-minds.com/html/report/kokunai/kandokeieikensyu.html

□研修ポイント
1.究極のおもてなし旅館「明神館」からリーダーの気付きと本気のレクチャー(講話予定)
2.世界一流ホテル、レストランが加盟する「ルレ・エ・シャトー」に評価された明神館のバックヤード(予定)
3.菅谷市長の「使命感・人生観」を通した市政経営学<講話>と交流懇親会
4.松本城管理事務所 所長 小穴定利氏からは「トップの戦略に基づいた現場リーダーの戦術」を学びます
5.翌日から実践できる自社への置き換え研修
■日時:2009年9月9日(水)〜10日(木) 1泊2日 
■場所:松本/扉温泉
■対象者:経営者と経営幹部・リーダー
■研修スケジュール:
  ◆1日目:9月9日(水)
   【13:00】       松本駅集合(送迎バスにて明神館へ移動)
               明神館にてリーダー感動研修
               @ 明神館の経営陣による講話(予定)
               A 明神館バックヤードツアー(予定)
               B 臥龍によるリーダー感動経営講話
   【18:00〜20:00】 貴祥庵にて松本市長 菅谷昭氏の講話と夕食懇親会
                        *扉温泉郷/明神館(泊)
  ◆2日目:9月10日(木) 
   【09:30〜11:00】 現場リーダーの実践事例発表
              松本城管理事務所 所長 小穴定利 氏
   【11:00〜12:00】 小穴氏による「松本城」見学(松本の歴史を学ぶ)
   【12:00〜13:00】 信州蕎麦の昼食
   【13:00〜15:00】 まとめ研修(同心小路 喫茶店)
                @自社への置き換え実習
                A実習の発表と相互アドバイス
                B臥龍コメント
   【15:00頃】    現地解散
■参加費用:お一人 58,000円 
■費用に含まれるもの:研修移動時交通費、宿泊費、夕食・朝食費、研修会費、2日目昼食費、施設利用費
          (注)・松本までの交通費は各自負担となります。 
              ・飲物代は参加者での頭割りとさせて頂きます。
              ・宿泊は相部屋利用となりますのでご了承下さい。(2名または3名1室)
■利用予定ホテル:扉温泉/明神館
■主催:APRA関東地区  http://www.apra.jp/
◇お申込み・詳細は → http://www.j-minds.com/news%20release/090909matsumoto/index.html

【感動経営研修in松本 第1弾の様子は】 
→ http://www.j-minds.com/html/report/kokunai/kandokeieikensyu.html