日 程 :2011年5月8日
場 所 :代々木公園イベント広場 野外ステージ

 
 

11:50  オープニングセレモニー
12:00  マイラケイ
12:35  ハイチュウボックス
13:10  村上ゆき
13:45  石野田奈津代
14:20  GYPSY QUEEN&氏神一番
14:55  ハッピートコ
16:05  池田 聡
16:45  立川俊之
17:25  中西圭三
18:05  ダイアモンド☆ユカイ
18:40  サンプラザ中野くん
19:00  向谷実&サンプラザ中野くん
19:10  フィナーレ
19:30- 餃子カー出発


     
 

<出演者>

サンプラザ中野くん

爆風スランプボーカル。山梨県甲府市生まれ、千葉県流山市育ちの ミュージシャン。アミューズ所属。
被災者のために向谷実氏と応援歌「TOMOSHIBI」を発表                  

向谷実

カシオペアのキーボーディスト。今回、サンプラザ中野くんと 楽曲を制作。広く世界に日本の震災のチャリティソングとして 広め世界の注目を浴びる。

中西圭三

シンガーソングライター、作曲家。岡山県出身。
1991年のZOO「ChooChoo TRAIN」は90年代のポップダンスシーンを牽引する代表曲となる。また社会貢献活動として、児童虐待の啓蒙運動である「オレンジリボン運動」等チャリティー活動への参加。

氏神一番

歌舞伎の装束で歌う歌手。被災者への支援の歌「希望の道」を発表。
ベトナムのLam Truong、中国の葉世栄(EX.Beyond)などが 同曲をチャリティソングとして歌唱。
このほか多数のご出演者の皆様と共に支援の輪を広げてゆきます。

oneasia Project
当公演の運営母体であるoneasia Projectはアジアで活動するバンドGYPSYQUEENを中心に2008年に中国四川省で発生した四川大地震のチャリティコンサートを中国各地で実施しています。
四川省の幼稚園建設プロジェクトに寄付を行う活動の中、今回、東日本大震災を受け、日本国内の被災者の為にできることを考え、当チャリティコンサートを計画。



午前9時にボランティアの皆さんに集合して頂き、受付時にイベントオリジナルのTシャツとシリコンバンドを渡しました


※Tシャツ →           シリコンバウンド → 

 


 
ボランティアメンバーが一致団結してイベントに向かう気持ちと共に集合写真の撮影を行いました。


イベント広場内各地で、ボランティアスタッフを中心に支援金の呼びかけをさせていただきました。

     
会場には、被災地を支援で回る餃子カーが設置され、餃子カーの最後尾には、協賛各社のロゴマークが貼り付けられ、香港和僑会、上海和僑会、深セン和僑会、東京和僑会、和僑EGGのロゴマークも被災地各地を走り回ります。
大阪王将のメンバーもオリジナルTシャツを着用して頂き、おいしい餃子を皆さんに提供されました。

  
同じ餃子が被災地で提供されます。餃子カーの左右には、支援の言葉を書き込むスペースが用意され、被災地へのメッセージを書き込んで頂きました。

 
イベントには、上海のEASTCHAより水出しTEA(冷泡茶)を提供して頂きました。
ペットボトルのお水にEASTCHAのTEAパックを入れ、軽く振って5分から10分待つと簡単に美味しいお茶が出来上がるという優れもの!
提供されたスタッフ・アーチストの皆さんから「すごい!」「簡単!」「おいしいね!」といううれしい言葉を頂きました。


ステージでは12組のアーチストが、被災地へのメッセージソングを歌っていただき、上海和僑会のテーマソングを作って頂いた「ジプシークイーン」もステージで歌っていただきました。


お昼からスタートしたコンサートイベントも、夕方になるにつれて、観客席もいっぱいになり、多くの方々がステージに釘付けになってました。


ステージのトリはサンプラザ中野くん。
「大きな玉ねぎの下で」で観客が聴き入り、「Runner」で観客席を熱狂の渦に巻き込みました。


エンディングでは、出演者全員がステージに上がり、被災地への支援歌「希望の道」を歌いました。
支援金額発表の後、被災地応援歌「TOMOSIBI」で被災地にエールを送り、感動のうちにエンディングを迎えました。

総支援金額は83万円を越え、すべての支援金が大阪王将さんに手渡され、その資金を餃子として、被災地14都市でふるまわれます。
被災地には、餃子の他、オリジナルTシャツとシリコンバンド、EASTCHAを被災地の皆さんに支援物資として提供させていただきます。

この活動は、今回で終わりではなく、継続的に続けていく事が大切だと考えています。


大山 祥